オリジナルろ材の使用方法

ファイバー PH7.5 使用方法

海水専用上部ろ過器

1.プラマットはろ過室 内寸より縦横 各2p程大きめに切断します。

市販品上部ろ過器 (金魚・グッピー)

2.オーバーフローパイプは、サンゴ砂の1/3(1.5p〜2p)位のところに高さ調整します。

6.プラマット上に骨炭をセットします。(ネットバッグ等使用)

5.プラマット(上)も3と同じく穴を開けセットします。

2.プラマットを下図のように中心から手で開きます。

1.上図のようにプラマットをろ過槽室より2p位大きめに切断します。

4.ファイバー PH-7.5をこぼさぬようにろ過槽にプラマットを入れます。

3.プラマット開口部よりファイバー PH-7.5を厚さ5o位均一に入れます。

3.プラマット上に置きます。

2.骨炭をダシバッグに入れます。(2個)

1.骨炭100gを水洗いし30分以上水に浸しておきます。

骨炭 使用方法

市販品上部ろ過器 (海水魚・アフリカンシクリッド)

※ ファイバーPH7.5・骨炭がご使用可能か
   メールにてお問い合わせください。

下部ろ過器(オーバーフロー水槽) (海水魚・アフリカンシクリッド)

4.ファイバー PH-7.5を 1〜1.5p厚に均一に入れて下さい。

3.プラマット(下)カバーパイプ位置に合わせ穴を手で開けセットします。

外部ろ過器(密閉型) (海水魚・アフリカンシクリッド)

※ 骨炭は注意事項を守って下さい。

4.3の上にプラマットを入れていきますが強く押さえ込まないようにして下さい。

3.2の上にファイバーろ材 PH-7.5を 1〜1.5p位の厚さに均一に入れます。

6.5の上に粗目パッド 押さえ板の順に入れ、フタ(ポンプ部)を取り付けて完了。

5.4の上にネットバッグに入れ水洗い・30分以上水に浸しておいた骨炭を置いて下さい。

2.サンゴ砂(よく洗った15番物)の上にプラマットを平らに入れます。

1.プラマットは内寸より2p位大きめに切った物を2枚用意します。

3.プラマット上に置きます。

2.骨炭をネットバッグに入れます。(2個)

1.骨炭100gを水洗いし30分以上水に浸しておきます。

骨炭 使用方法

4.ファイバー PH-7.5をこぼさぬようにろ過槽にプラマットを入れます。

3.プラマット開口部よりファイバー PH-7.5を厚さ5o位均一に入れます。

2.プラマットを下図のように中心から手で開きます。

1.上図のようにプラマットをろ過槽室より2p位大きめに切断します。

3.プラマット上に置きます。

2.骨炭をダシバッグに入れます。(2個)

1.骨炭100gを水洗いし30分以上水に浸しておきます。

骨炭 使用方法